« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020/01/31

1月30日の結果


対TOPIX ○

売りと逆張りで凌ぐ。どっちに行ってもいいように見えて、どっちに行ってもダメなパターンかも知れない。

| コメント (0)

2020/01/30

1月29日の結果


対TOPIX ●

ここのところずっとやっているプログラミング。完成に近づく。実行時間は確かに見積もり通り30分だが、不具合があったりしてその30分を何度もやり直す。従来の自作ソフトでやったら年単位の時間がかかることなので、腹は立たない。

| コメント (0)

2020/01/29

1月28日の結果


対TOPIX ○

『パンデミック』というゲームで何度も人類を滅ぼしてしまっている我々家族は、ウイルスの怖さをよくわかっている。エピデミックが短い間隔で起きると大変だ。衛生兵がいないとキツい。世界の政治家のみなさんにこのゲームをやっていただきたい。もちろん、現実はもっとはるかに大変で、このゲームにはない経済という要素なども考えなければならないのでものすごく難しいとは思う。

| コメント (0)

2020/01/28

1月27日の結果


対TOPIX ○

急落を横目で見ながらプログラミング。これが完成すれば、1度プログラムを走らせるだけで、数千通りものパラメーターの組み合わせを検証できる。見積もりとしては30分程度で。少なくとも電気代の節約にはなる。

| コメント (0)

2020/01/25

1月24日の結果


対TOPIX ●

こら痛い。何もミスったわけではないので気にしない。

| コメント (0)

2020/01/24

1月23日の結果


対TOPIX ○

ほとんど変わらず。相場が下げたときにはほとんど変わらずで凌ぎ、大きく上げたときに大きく稼げればそんなおいしい稼ぎ口はない。

| コメント (0)

2020/01/23

1月22日の結果


対TOPIX ●

朝ドラはいいよな。非常に苦しい時期があっても、数ヶ月語にはうまくいってるからな。

| コメント (0)

2020/01/22

1月21日の結果


対TOPIX ○

統計学、ちょっと勉強し直したらすぐに記憶がよみがえってきた。一時期真剣に勉強しておけば、後から学び直すのは楽だよ、ということは言いたい。

| コメント (0)

2020/01/21

1月20日の結果


対TOPIX ●

統計学の中途半端な知識は危険だと感じる日々。わからないままに根性でなんとかしようか、それともいったん立ち止まって勉強し直そうか、いやそれはそれで根性がいるな、結局どっちがより少ない根性ですむのか、などと考えているうちに日が暮れる。

| コメント (0)

2020/01/18

1月17日の結果


対TOPIX ●

知らん間にヤラレている。ちょっとしたアイディアを試してみたが何とも言えず。過剰最適化の罠か。

| コメント (0)

2020/01/17

1月16日の結果


対TOPIX ○

売り中心。ボラがないのでポジションも小さめ。

そう言えば全シ連最終第62話公開中。

| コメント (0)

2020/01/16

1月15日の結果


対TOPIX ○

売りで凌ぐ。今後下がるとか上がるとか、なんの予測もしていないが。

| コメント (0)

2020/01/15

1月14日の結果


対TOPIX ●

あまり変わらず。去年は、日計りに力を入れたために失敗した。だからといって、今年は長めの取引に力を入れればうまくいくかというと、まったくわからない。かなりの程度運のものである。、

| コメント (0)

2020/01/11

1月10日の結果


対TOPIX ●

ポジションほとんどなし。こういうときはヒットアンドアウェイに限るでしょう。

| コメント (0)

2020/01/10

1月9日の結果


対TOPIX ●

だからこうなっちゃうんだって、ボラが高いと。ちぐはぐ。かみ合わない。

| コメント (0)

2020/01/09

1月8日の結果


対TOPIX ○

ボラだけ上がって方向があっちゃこっちゃ行く。ヤバいパターン。大量失点もあり得る。

| コメント (0)

2020/01/08

1月7日の結果


対TOPIX ●

ウチのネット回線が速くなった。4倍程度にはなったようだが、劇的に約定しやすくなるというわけでもないだろう。

| コメント (0)

2020/01/07

1月6日の結果


対TOPIX ○

戦争によって支持率が上昇するという手法が今回も成立するのなら、民主主義より相場のほうがまだ健全だ。

| コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »